メーデー 代々木公園

メーデーの中央集会の日

いつものように自転車でえっちら出勤していたところ、
いつもは車1、2台しか止まっていない道路わきに、
キャラクターものや派手なペイント、大きな看板などで装飾された車が
ずらっと並んでいました。

 

 

ニモにスヌーピーといったかわいらしいものから、ものすごく精巧な龍が乗っている車まで。
光ったり飛び出したり、といった仕掛けのある車もありました!
なんなんだろーと通りすがりながら眺めていたところ、
看板の中にメーデーの文字が。

 

メーデー

 

 

そう、メーデーの中央集会の日だったんですね。

 

 

メーデーは、世界各地で毎年5月1日に行われる祭典で、
May Day、「5月の日」から来ています(そのまんま!)。

 

日本では「労働の日」としてデモや集会が行われる日として知られていますが、
もともとヨーロッパでは、夏の訪れを祝う「5月祭」でした。

 

 

きっかけとなったのは、1886年5月1日に
アメリカで行われた労働組合連盟のストライキ。

 

 

当時、低賃金で1日12時間以上働かされるなど、
過酷な生活を強いられていた労働者が、
そんな労働環境に抗議し、8時間労働制を要求して
立ち上がったこのストライキがきっかけとなり、

 

 

現在のような労働者が団結して
権利を要求する活動を行う「労働の日」として定められました。

 

 

今年の5月1日にも、全国各地でメーデーの集会やデモ行進があったそう。
私が多くの車を見た代々木公園で行われたメーデー中央集会も、
2万人以上が参加するという一大イベントだったようです。